ContiCrossContact™ UHPのテクノロジー

短い制動距離と高いコーナリングの安定性。

タイヤに荷重が大きくかかる場面では、タイヤの接地面積が広がり、ブレーキの効きを高めさらに優れたコーナリングの安定性を実現します。

卓越したハンドリングで安全で楽しい運転を。

様々な設計要素をリンクさせて、ハンドリング精度を向上させ最適なトラクションを実現し、安全で楽しい走りを実現します。

低い転がり抵抗と優れたグリップ力。

タイヤ内部に特殊なコンパウンドを使用することにより、優れたグリップ力と低い転がり抵抗を実現しています。

安全・快適な移動を支えるテクノロジー

SSR (SelfSupportRunflat)は、コンチネンタルが低偏平タイヤ用に開発したランフラットテクノロジーで、標準的なリムとの互換性を維持します。SSRは、サイド補強型ランフラットタイヤで、パンクなどで空気圧が失われた状態でも、サイドウォールの補強ゴムが荷重を支え、所定のスピードで一定の距離の走行が可能なため、スペアタイヤが不要になります。スペアタイヤを積まないことで、車両重量が減り、燃費が向上します。また、トランクルームに最大80リットルの空きスペースができます。ランフラットタイヤを装着する場合、4本での装着を推奨します(法律ではまだ義務化されていません)。またタイヤの修理は認められていません。

Tire with SSR technology


ご質問ですか?

コンチネンタルにお問い合わせください。

私たちが専門知識を活かして、お客様のご質問にお答えします。




ディーラーをお探しですか?