ComfortContact™ CC6のテクノロジー

ウェット路面での安全性を強化する。

2つの新たなトレッド構造により、ウェット路面での安全性を追求。
トレッド全体に配したアクア・チャネルは、接地面と路面の間の水膜を素早く縦溝に排出してグリップを強化します。そして、トレッド中央に組み込んだアクア・ドレナージは、付近の水を集めて雨どいのようにチューブから縦溝へ排水し、ハイドロプレーニングの発生を抑制します。

グリップと耐摩耗性向上。

グリップを強化する短鎖型のグリップ・ポリマーと摩耗を抑制する長鎖型のマイレージ・ポリマーで構成された、走行状況に合わせて自己調整を行うセルフ・アダプティブ・コンパウンド。
これまで以上の走行距離を実現しながら、ブレーキングおよびコーナリング時の優れたグリップ力と高い耐久性による長寿命を両立しました。

ブレーキ時の接地面積を最大化。

ブレーキの際にブロック・エッジに圧力が集中することで起きる巻き込みを抑制。接地面積を最大化し、路面を確実にグリップします。
また、ウェット路面でのブレーキ時には、パターン・ブロック下への水膜の侵入を防ぎ、ワイパーのようにタイヤと路面の間に溜まった水膜を掃き出します。ドライな状態を保ち、制動郷里の短縮に貢献します。

騒音を抑制して快適に走れる。

走行中に空気がタイヤの縦溝を勢いよく吹き抜けることによって不快な騒音、いわゆる気柱共鳴音を発生します。ノイズブレーカーは、このノイズを抑制・軽減して静粛性を向上させます。





ご質問ですか?

コンチネンタルにお問い合わせください。

私たちが専門知識を活かして、お客様のご質問にお答えします。




ディーラーをお探しですか?