# タイヤの点検とメンテナンス方法

タイヤの保管

タイヤの正しい保管方法や場所とは

季節の変わり目には、サマータイヤ、ウィンタータイヤ(スタッドレスタイヤ)の役割を正しく理解した上で、安全のために季節に合ったタイヤの装着が重要になります。ウィンタータイヤ(スタッドレスタイヤ)への交換、サマータイヤへの交換、いずれの場合もオフシーズンのタイヤの保管方法を考えることが大切です。

タイヤ交換は、プロに依頼する場合と自分で行なう場合があります。いずれにせよ、外したタイヤはどうすればいいのでしょうか?その後の保管方法を知っておくことは非常に重要です。

タイヤを適切な方法で保管しないと、タイヤの特性が変化してしまい、適切なパフォーマンスを発揮できなくなります。また劣化も早めてしまい、最悪な場合は、新しいタイヤを購入しなければならなくなります。タイヤを正しく扱い、正しく保管することで、タイヤをより長持ちさせることができます。

タイヤ保管時の注意事項を守って、タイヤをより長持ちさせましょう。

1.タイヤの汚れを落とす。

保管する前に、水洗いをしてタイヤの汚れをきれいに落としておきましょう。泥や油汚れ、融雪剤などシーズン中に付着した路面の汚れをしっかり取り除くことでタイヤの劣化が早まるのを防ぎます。タイヤにホイールを付けたまま保管する場合は、ホイールの汚れもきれいに落としておきましょう。次のステップに移る前に、完全に乾いていることを確認してください。

Graphics with tires and cleaning equipment

2.ワックスは不要。

保管前にワックスの使用は避けましょう。ワックスを使うと見た目はきれいになりますが、ワックスの使用はむしろタイヤを劣化を早める原因になります。

Graphics about not using any liquids when storing your tires.

3.タイヤ保管用袋やカバーに入れる。

タイヤ保管用袋や保管用カバーを使うことをおすすめします。汚れや雨風、直射日光からタイヤを守ってくれます。タイヤ保管用袋や保管用カバーがない場合は、大きくて密閉できるビニール袋で代用できます。袋とタイヤに水気がないことを確認し、袋の中の空気をできるだけ抜いて(掃除機を使用すると便利です)、テープで閉じます。

Graphics about tire storing just one on top of another.

4.直射日光を避ける。

紫外線や太陽の熱はゴムを劣化させます。タイヤは、直射日光が当たらない場所で保管しましょう。

Graphics showing tires next to a parasol.

5.保管場所を選ぶ。

温暖地でも寒冷地でも、たとえタイヤカバーをかけていたとしても、タイヤを屋外で保管してはいけません。高温多湿の場所を避け、風通しが良く、直射日光が当たらない場所で保管してください。比較的温度が一定している地下室や温度調節できる場所が理想的です。室内に熱を発する機器がある場合は、タイヤに熱が伝わらないようにしてください。ガレージや納屋、屋根裏部屋などは温度や湿度が変化しやすいで注意しましょう。

Graphics about storing tires in your own garage.

6.化学物質に触れるような場所は避ける。

最も気を付けなければならないのはオゾンです。オゾンは特にタイヤにダメージを与えます。オゾン濃度を発生させる機器には以下のようなものがあります。

  • 発電機
  • コンプレッサー
  • 加熱炉
  • 電源
  • 排水ポンプ
  • バキュームクリーナー
Graphics showing tires which should not be stored next to other equipment and liquids.

これらの機器が保管場所にないことを確認してください。また、ゴムの劣化を防ぐため次のようなものも避けてください。

  • 溶剤
  • 燃料
  • 潤滑油

7.ホワイトレターの保護。

あなたのタイヤにはホワイトウォール(ホワイトリボン)やレタリングなどの白い部分がありますか?タイヤを1本ずつ袋に入れない場合は、白い部分がある面は他のタイヤの白い部分がある面と白い面と反対の面は他のタイヤの白い面と反対の面とあわさるようにして保管してください。タイヤの白い部分には、色落ちしない黒いゴムを使用していて、白い部分が変色しないようにしています。したがって、白いゴムを白いままに保って黒い色がつかないように、黒は黒に、白は白に接触するように保管してください。

8.立てるか、重ねるかそれとも吊るすか。

タイヤの保管方法には、3つの選択肢があります。

  • 縦積みにする。
  • 横積みにする。
  • フックやラックに吊るす。
Graphics about the best way to store tires.

タイヤにホイールが装着されているかどうかで置き方は異なります。ホイールが付いていない場合、タイヤを垂直に立てて並べる「縦積み」がタイヤへの負担が少ない方法です。ホイールが付いている場合は、タイヤを横に倒して積み重ねる「横積み」がホイールの重みをある程度分散でき、タイヤのダメージを防ぐことができます。また、ホイールを付けたタイヤは、タイヤラックやフックに吊るすのも適切な方法です。ホイールに装着されていないタイヤは、吊るすと歪んだり破損したりすることがあるので、絶対にを吊るさないでください。

タイヤは経年劣化します。しかし、上記の方法によって、タイヤをより長持ちさせることができます。タイヤの保管をプロに任せるのもお勧めです。タイヤをクルマに装着する前にプロの業者に点検してもらえば、引き続き楽しいドライブが楽しめるでしょう。




販売店をお探しですか?