# タイヤの点検とメンテナンス方法

タイヤの空気圧

月イチのタイヤ空気圧点検をおすすめする理由

チェック項目

タイヤ空気圧の確認方法

  • タイヤの空気圧は外気温や走行によるタイヤ自体の発熱などによって変わります。そこでタイヤの空気圧点検は、タイヤが冷えている時に行う、また毎月1回こまめに点検することが重要になります。
  • タイヤの適正空気圧はカーメーカーがクルマごとに決めている「車両指定空気圧」と同じで、タイヤの種類やサイズが同じでも、クルマによって空気圧は異なります。車両指定空気圧については、運転席ドア開口部、クルマのオーナーズマニュアルなどでご確認ください。
  • 精度の高いエアゲージを使用してください。
  • 空気圧は、普段のクルマ使い(乗車人数、荷物の量)や自然漏れによる空気圧低下を考慮して、車両指定空気圧を下回らないようし、調整することもできます。

タイヤの空気圧不足は様々なトラブルの原因になります。もし点検がまだの方は、月に1回の空気圧点検から始めてみましょう。適正な空気圧でタイヤを使用することで走行中のバーストや操縦性悪化のリスクが減り、安全で快適なドライビングにつながります。

数か月に1度でいいのでは?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。タイヤの空気圧点検を毎月するべき理由はたくさんあります。

タイヤ交換サイクルを長期化:タイヤは空気圧が低すぎても高すぎても偏摩耗し、短い走行距離で交換しなければならなくなります。適正な空気圧を維持すれば、走行中のタイヤの変形を防げるので、平均走行距離をなんと7,500kmも伸ばせます。

Several coins and a leaning tire.

燃料の向上:タイヤの空気圧が不足していると、走行距離当たりの燃料消費量が多くなり、燃費が悪くなります。

快適な乗り心地:タイヤの空気圧は、クルマの応答性、ハンドリングや性能に影響します。

A car drives over a pillow.

高い安全性:タイヤの空気圧は低すぎても高すぎても、ハンドリングに影響が出てしまいます。タイヤの空気圧が低いと応答性が鈍くなり、反対に空気圧が高すぎると高速でのコーナリング時に危険です。適切でないタイヤ空気圧は、制動距離、グリップ力、方向安定性のすべてに影響が出てしまいます。操縦が安定せず、タイヤが路面を捉えにくくなると、タイヤに熱が蓄積され、パンクしやすくなり、重大な事故を引き起こしてしまう危険性が高まります。

Three tire profiles are shown and how different it looks depending on the tire pressure.

環境面への配慮:タイヤの空気圧が30kPa不足すると、転がり抵抗が大きくなり、燃費が約1.5%悪化し、CO2排出量が増加してしまいます。適切な空気圧とは、最大限の安全性と燃費のバランスがとれている状態のことです。それによってタイヤは長持ちし、CO2排出量も減らすことができるのです。

The correct tire pressure does effect your fuel consumption and therefor the environmental impact of your car.

タイヤ空気圧の点検方法

タイヤの空気圧は、カーメーカーがクルマの重量とサイズに基づいて車両指定空気圧を決めており、ドライバーは指定された空気圧を守ることが重要です。そうすることで、安全性と最適な走行性能を確保することができます。


月に1回は空気圧を点検し、長時間の移動の前や、重い荷物を積む際には必ず点検してください。

タイヤが冷えている状態で行う:外気温が上がり、タイヤが直射日光にさらされる前の、タイヤが冷えている状態時に空気圧をチェックすると、より正確な数値が得られます。外気温が10℃上昇すると、タイヤの空気圧は約11kPa上昇します。また冬場や気候によってはタイヤの空気圧が約34kPaも低下することがあります。

車両指定空気圧を確認する:最初にカーメーカーが指定する車両指定空気圧を確認しましょう。前輪と後輪それぞれで「240kPa」のように記載されています。

車両指定空気圧は、クルマのオーナーズマニュアル、給油口の内側、または運転席のドアポケットのいずれかに記載されています。見つからない場合は、自動車販売店、カーメーカーにお問合せください。

エアゲージについて:空気圧を測定するときは、自動車部品を取り扱う店で販売したり、ガソリンスタンドに置かれている精度の高いタイヤエアゲージを使用してください。最近ではデジタル式のエアゲージもあります。

空気圧を確認する:タイヤの空気弁のキャップを外し、安全な場所に置いてください。ゲージを弁口の上に置き、空気が抜けるヒューという音がしなくなるまで素早くしっかりと押し下げます。これでゲージに空気圧が表示されます。これをカーメーカーの指定空気圧と比較してください。

空気圧を調整する:測定値が指定空気圧より高い場合は、弁を押し込んで空気を抜きます。ゲージが指定値を示すまで、繰り返し行ってください。 測定値が指定空気圧より低い場合は、エアコンプレッサー(お持ちでない場合は、ガソリンスタンドのものを使用)を使って、適正レベルになるまでタイヤに空気を入れてください。空気弁のキャップをしっかりと元の状態に戻し、残りの3本のタイヤとスペアタイヤにもこの作業を行います。

先端のテクノロジー

コンチネンタルが開発したタイヤ空気圧監視システム(TPMS)は、ホイールセンサーやブレーキシステムと連動し、タイヤの空気圧が低下するとダッシュボードの警告灯でドライバーに注意を促します。

また、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)は、燃料消費量やCO2排出量を削減し、最適な性能を持ったクルマの寿命を伸ばすサポートをします。

ただし、タイヤ空気圧監視システム(TPMS)を搭載しているクルマであっても、より安全で快適なドライブのために、月に1度はタイヤの空気圧をチェックする必要があります。

販売店をお探しですか?