#さまざまな走行シーンでの運転のポイント

カーブの走行

ワインディングロードでの安全運転

ここでは、山道などのワインディングロードを安全に走るためのコツを紹介します。

運転初心者も、熟練ドライバーも、カーブの多い道では、十分に速度を落として走行しましょう。この基本ルールは、曲がりくねった山道でも、郊外の交通量の少ないロータリーでも当てはまります。

カーブが近づくと、推奨速度を示した道路標識をよく見かけます。カーブはなぜ危険なのでしょうか?その理由は、コーナリング時には、クルマに2つの異なった力が働くことにあります。

コーナリング時、クルマには前に進もうとする力と遠心力の2つの力が働きます。遠心力は車を外側に押し出そうとするので、タイヤはこの遠心力に抗してカーブを回りきるために踏ん張らなくてはなりません。カーブでスピードが出すぎると、タイヤは次第にグリップを失い、横滑りし始めます。

Driving situations curvy rides

カーブでの運転のコツ

ワインディングロードでは、十分速度を落として走ることに加えて、センターラインを超えない範囲で効率的なライン取りをして走るテクニックも効果的です。

※センターラインを超えての走行は、対向車の進路に入り込んでしまい、他のドライバーに危険が及ぶので絶対にしないでください。

車線の幅を効率的に使うことで、スムーズにコーナリングし、カーブでの視界を確保することが肝心です。ハンドルは切りすぎないようにしましょう。

カーブを安全に走行するためのライン取り

ステップ1:カーブの手前で十分に減速し、走行車線のカーブの外側(アウト)からカーブに進入します。例えば、道路が右に曲がっている場合は、走行車線内の左側から進入します。

ステップ2:カーブの一番きついところでは、内側(イン)を通ります。

ステップ3:カーブが終わりに近づいたら徐々に外側(アウト)を目指し、直線になったら速度を上げてカーブを回り切ります。

このテクニック(アウトインアウト)のコツは、実際のカーブより大きな弧を描くように走ることです。より直線に近い走りをすることで、カーブの曲がりにくさを緩和し、タイヤへの負荷を減らし、ひいては横滑りのリスクを低減します。さらに、ドライバーは前方の視界を遮られることなく、危険に対応するための時間をより多く確保することができます。

カーブを曲がる時は他の車両にも注意を払わなければなりません。カーブを通過している時に、対向車が道路の中央に寄りすぎていると、正面衝突する危険があるからです。

Rode trip

横滑りしたときにクルマのコントロールを回復するためのコツ

カーブで横滑りした時に、ブレーキやアクセル、ハンドルがいつも通りに効かなくても、慌ててはいけません。

まずはブレーキとアクセルから足を放してください。両手はハンドルから離さず、急な動きはしないようにしましょう。

ハンドルを切りすぎたりブレーキを強く踏みすぎたりしないことが重要です。車が減速して安全にコントロールを取り戻したら、静かにブレーキを踏みましょう。ハンドルはしっかりと握っていてください。

販売店をお探しですか?